ニュース・コラム記事シェア(2013年06月28日)






↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース・コラム記事シェア(2013年06月27日)






↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース・コラム記事シェア(2013年06月26日)




↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース・コラム記事シェア(2013年06月25日)




↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ERPや業務別パッケージを中国で売る!/年率18%成長市場


メルマガ『オフショア開発・中国ソリューションビジネス最前線』第054号より

■中国のERP市場ってどんな感じ?

 「中国のERP市場ってどんな感じなんでしょう?」

 最近、こんなお問い合わせを頂くことが増えてきています。

 ざっくりですが
 ハイエンドではSAP、ORACLE。
 ミドル〜ローエンドでは、用友や金蝶など、中国資本の企業が圧倒的シェアを握っています。


 少々、個人的に残念なことが、日系企業がランキングに顔を出せていないところです。

 日本にも優れた製品がたくさんあると思いますが、中国市場ではまだ目立てていないというのが実態です。

 もちろん、業務別パッケージ、例えば、生産管理システムやPOSシステムなどの分野では日系企業も善戦しています。


■「安い」「機能もそこそこ」「導入実績豊富」         

 エンドユーザが業務管理ソフトの導入を検討する際、最初にぶつかる課題はどの製品を選定するか?です。

 「あまり予算がないので、安くて、機能もそこそこで、導入実績が豊富なものが安心!」
 概ねこのような感じのニーズが一般的です。

 「安い」「機能もそこそこ」「導入実績豊富」

 で考えると、中国国産の製品が候補リストを埋め尽くしてしまうことになります。


 しかし、機能面や採用技術では日本製品も充分に勝負できるはずです。

 私個人的には日本発の製品も、もっともっと中国市場で大暴れ欲しいなと思います。
 そのために出来る限りのお手伝いもしたいと考えています。


■年率17%〜18%の成長率、魅力ある市場         

 日本の製品を単に中国語化して、中国市場へ投入しても売ることは難しいでしょう。

 まずは
 ・統計データばかりに頼らず、中国市場を肌で感じる
 ・競合他社製品の情報収集
 ・妥当な販売価格の設定
 ・中国ローカライズの調査・検討
 ・現地での保守、カスタマイズ体制構築
 ・販売体制構築などなど、
 課題は山ほどあります。

 これらの課題を全て片付けるとなると骨が折れるのは確かですが、中国のERP市場は、相変わらず右肩上がりで成長しています。

  現在も年率17%〜18%成長率の市場です。

  市場としてはまだまだ伸びます。
  かなり魅力がある市場だと思います。

 メルマガで読む→メルマガ購読案内




↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国市場進出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。