組込みシステムの中国オフショア開発A

メルマガ『中国オフショア開発最前線』第035号より

 今回は、前回に引き続き、組込みシステムの中国オフショア開発について考えていきたいと思います。

 ↓前回メルマガのバックナンバーはこちら・・・。↓
 
 第034号 組込・制御系ソフト技術者は少数派か?

 
 
 前回メルマガでは

(1)組込ソフトは、比較的仕様も早期に明確化しやすく、仕様変更も少ないため、むしろオフショア開発に向いているのではないか?

(2)それにも係わらず、中国オフショア開発は、敬遠されがちの傾向が少なくないがなぜか?

 でした。

 今回は、その理由について詳しく考えていきましょう!


組込みシステムのオフショア開発上の課題   

 例えば、回路設計、PWB設計、PWB上への部品実装等、ハードウェア開発を日本国内で行い、このPWB上に実装した部品に書き込む組込みソフトの開発を中国に委託した場合を考えてみましょう!

 ハードウェア設計・試作、組込みソフトの開発までは、日本側、中国側の各々が仕様に従って進めるため、さほど問題ないかもしれません。

 しかし、問題はここからです。

 ハード、ソフトが一応完成し、両者を併せた組込みシステムとして、デバッグを開始した時からが問題です。


 具体例で考えてみましょう!

 デバッグを行って、一発で動くことは、非常に稀だと思います。

 果たして不具合現象の原因は、ハードの問題かソフトの問題か?
 言い換えると、日本側の問題か、中国側の問題か?となってしまいます。

 場合によっては、ハード、ソフトの双方に問題があることも充分にあり得ます。

 なかなか原因を掴みきれないことも少なくないでしょう!


 仮にハードもソフトも近い場所で開発をしていれば、「ちょっとこれを試してみよう」、「駄目だったら、今度はこっちを試してみよう」という感じで、試行錯誤もできます。微妙な割り込みタイミングの調整等も必要と聞きます。
 
 また、もし、PWB上に配線誤りがあった場合、日本で手直しして、中国に送付する必要があります。

 ハードの場合、ソフトと異なり、ネットで即時転送するわけにはいかないため、EMS等で2〜3日の時間を要します。


 このようなやりとりを何度も行うことを考えると、組込みソフトの中国オフショア開発を敬遠してしまうことにも頷けます。


 この他にもいろいろと課題があり、どうしても解決できない課題もあるかもしれません。

 しかし、基本的、共通的な問題としては、上記課題が最大の課題なのではないかと思いますが、いかがでしょう?
 

 でも、発注者として、本気でコスト低減や開発リソース確保を必要としている場合、最初から諦めずに、上記の課題を何とかして乗り越えたいですね!

 ではどうすれば良いのでしょう???


 これらの課題を解決するには

 (1)デバッグ時にオンサイト派遣(中国の技術者が日本滞在で作業)で対応する。

 (2)ハード設計・試作、組込みソフト開発を一括で中国に開発委託する。

 の方法が考えられます!


 初めての時は、リスクを感じると思いますが、オフショア開発効果や優秀な開発リソースを確保する観点から考えると、断然(2)が有利だと思います。実際に成功事例も多数あります。

 
 では、ハードもソフトも一括で開発できる企業が中国にあるんでしょうか?

 ↓そういう疑問、興味を持った方は・・・。↓

  組込みシステムの中国現地一括請負開発
 

 


◆中国オフショア開発に特化したビジネスマッチングサイト
  中国全土のオフショア開発パートナー詳細情報掲載・検索
  詳細な検索条件指定で候補パートナーを一発検索

  「
中国オフショア開発総合情報サイト


中国ソフトベンダ無料紹介サービス

  中国オフショア開発のプロジェクトを成功させるには、最適なパートナーを選定することが、その第一歩となります。
  弊社では、中国全土のパートナー数百社の中から、弊社として、お客様に自信を持って推薦できるパートナー
 のみ厳選し、当該候補パートナー(数十社)と提携しております。

  
これらの候補パートナーの中から、お客様のニーズに合致した最適なパートナーを選定 し、ご提案します! 

特別公開 (無料)レポート
中国オフショア開発の成功ポイント
中国オフショア開発Q&A集


中国ビジネス関連サイト
◆メルマガ『中国オフショア開発最前線』はいかがですか?

まぐまぐ

   



↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト成功ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。