オフショア開発成功の最大の鍵とは?

メルマガ『中国オフショア開発最前線』第052号(発行部数1,413部)より




上海環球金融中心.jpg


  今回は、「オフショア開発成功の最大の鍵とは?」
 をテーマにして、お話ししたいと思います。 

 コラム記事バージョン(中国ビジネスヘッドラインより)で読みたい方はこちら↓
オフショア開発成功を左右する発注先選定。最重要ポイントは?


■失敗事例より圧倒的に多い成功事例

  早いもので、上海でオフショア開発
 コンサルティング会社を立ち上げて
 今年で9年目に突入しました。

  これもひとえに、日頃お世話になって
 いるお客様やパートナー様のお陰だと
 感謝しています!



  仕事柄、これから新たにオフショア開発
 の実施を検討されている日本企業の
 経営者や管理者の方々のお話を伺う機会
 に恵まれています。


  例えば、下記のようなご意見を伺うこと
 がよくあります。


 「オフショア開発に興味はあるのだが、
  否定的な情報も多く不安がある」

 「オフショア開発で痛い目に遭った知人がいる」

 「ネット上の記事を読むと、自分たちでは
  到底、成功させるのはできないと思う」

 等々です。


  なかには、「成功報酬制だとすると、
 御社の事業は厳しいでしょう?
 どうやって事業を成り立たせているの
 ですか?」

 な〜んて、聞かれてしまったりします(笑)。

 (注)弊社では、ニーズを伺い、無料で最適パートナーを選定、ご提案しています。
    中国オフショア開発パートナー選定サポート【無料】


  この質問の裏には、「オフショア開発は
 失敗ばかりで、成功しない」という前提条件
 があるからでしょう。

 
  確かに失敗ばかりしていたら、
 弊社はとっくの昔に倒産してますからね(笑)!



  そんなとき、私は「是非、現地視察を
 してみてください。きっと印象がガラリ
 と変わると思います」

 とお応えするようにしています。

  百聞は一見に如かず!
  見ると聞くとでは大きな違いです。




  確かに様々なメディア上には
 ネガティブな情報も少なくありません。

  これらの情報は、まるっきり嘘の情報
 というわけではないと思います。

  中国にも日本と同様にいろいろな会社が
 ありますから。。。

  ネット上に掲載されている
 ネガティブ情報に相当するような会社も
 少なくないのも事実です。



  しかし、失敗事例以上に
 多くの成功事例が存在しているのも事実です。

  常時、オフショア開発プロジェクト
 を成功させている発注者にとっては
 成功することが、ごくごく「普通」のこと、
 「当然」のことであるため、
 いちいち、ネット上に成功事例を
 掲載しよう、などとは考えないこと
 でしょう。


  また、もし仮に失敗ばかりして
 いたら、リーマン・ショック後、
 オフショア開発市場の売上高グラフが
 再び右肩上がりに転じることも
 あり得ませんね。



  実際、弊社が創立以来、約8年間、
 サポートさせて頂いた案件で考えますと

 多少の納期遅延やコミュニケーション不足
 によるトラブルが発生してしまったことは
 ありましたが、充分にリカバリーできる
 レベルでした。


  オフショア開発に限らず、
 どんなプロジェクトでも多少の課題や
 問題事項が必ず出て来ますので、

 そういう意味では、ほとんどは
 ごく普通に成功している
 と言っても良いかもしれません。



  ある記事では、
 「納品した成果物が全く使い物にならず
  結局、自分たちで作り直した」
 というような致命的なトラブル、
 失敗事例が紹介されています。


  しかし、通常では、このようなことは
 考えにくいことだと思います。

  例えば、コーディング規約等、
 開発標準を予め準備したり
 仕様上の不明確事項をQ&A形式で
 全て潰したり、
 中間成果物にチェックを入れる取り決め
 をする等、

 基本的なことを堅実に行ないさえすれば
 このような事態に陥ることは
 ちょっと考えづらいと思います。


  もちろん、こういったことに
 柔軟に応じてくれる発注先を選定する
 ことが必須条件になりますが。。。


■経営トップとコアメンバーの信頼関係

  オフショア開発成功の最大の鍵
 発注先選定にあります。

  私の感覚的な数字ではありますが
 成功要因の80%は、最適な発注先選定が
 出来るか否かにかかっていると思います。



  では最適な発注先とはどのような会社
 なのでしょうか?


  私は次のように考えています。

  案件の内容に技術的にマッチした会社
 である必要はありますが、

  さらに重要な条件としては

 「経営トップとコアメンバーの
 信頼関係が厚く、コアメンバーが
 ほぼ100%定着している企業」


 と考えています。



  この他にも技術力、管理力、ノウハウ、
 コアメンバーの過去の経験等、様々な条件が
 ありますが、コアメンバーがその会社に
 長年定着しているかどうかは非常に重要な
 チェックポイントだと思います。


  さらに発注者としては、受注者の経営トップと
 コミュニケーションを充分に図り、会社対会社で
 親密かつ対等なパートナーシップ、
 中長期的な取引を行うスタンスで臨むことも
 重要だと思います。



  最適な発注先選定を行い、現場レベルでの
 良好なコミュニケーションを図りさえすれば
 プロジェクトを確実に成功させるしくみが
 自然に出来あがっていくものだと思います。


  特に初めて取引を行う場合、
 大概の受注者は発注者の仕事の進め方に
 合わせようとします。

  オフショア開発経験が豊富な受注者であれば
 万一、発注者の仕事の進め方に問題を感じた場合
 必ず問題提起してくるはずです。


  発注者としては、その声に耳を傾け、
 よく話し合いながらプロジェクトを進めれば
 自ずと結果が出てくると思います。


 メルマガで読みたい方はこちら!

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村
↑最後まで読んで頂き、感謝です。もし宜しければ、応援(クリック)宜しくお願いします!

Facebookページ「オフショア開発/中国ソリューションビジネス最前線」では、オフショア開発、中国ソリューションビジネスに関連するニュース、コラム記事等をリンクシェア形式で配信しています。
ご意見、ご感想、コメント等は、Facebookページ「オフショア開発/中国ソリューションビジネス最前線」にてお待ちしてます!

↓もし宜しければ、いいね!クリック、宜しくお願いします。


━━Info━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国オフショア開発パートナー選定サポート【無料】
  中国全土800社訪問調査、業務アプリ、組込み、ミドルウェア、ウェブ、スマホアプリ等
  分野別に強みを持つ中国オフショア開発パートナー約60社と提携!
  ニーズにマッチした発注先パートナーをご提案!

中国国内向け技術者派遣(SES)サービス
  開発リソース(技術者)不足対策として、
  貴社オフィスに開発チーム、技術者を派遣!
  メール配信サービス「IT技術者情報(SES)」にて、随時最新の技術者情報を配信中!

中国ビジネスコンサルティング
  中国市場への新規参入、ビジネスプラン立案、販売チャネル構築
  現地視察アテンド、現地法人設立、新会社立ち上げ支援等
  お客様の中国ビジネスをサポート致します!

-------------------------------------------------------------
公式サイト「中国(上海)ビジネスサポートサイト
公式サイト「中国オフショア開発/中国ビジネスサポートサイト
ブログ「上海起業ストーリー


↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクト成功ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270908125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。