プロジェクトリーダーに求められるスキル(1)

         メルマガ「中国オフショア開発最前線 Vol.013」より

 今回のテーマは、『プロジェクトリーダーに求められるスキル』について、お話したいと思います。

 このテーマは、
●発注者の立場であれば、取引相手である中国ソフトウェア企業側でアサインされるリーダーのスキルを見極める。
●受注者の立場であれば、こういった人材の獲得、育成、確保を行う。  という観点から非常に重要なことではないかと思います。

 さて、中国ソフトウェア企業のプロジェクトリーダーに求められるスキルとはいったい何でしょうか?
 いろいろあると思いますが、私は特に以下の3点が重要ではないかと考えています。

1)プロジェクト管理力
2)日本的ビジネス感覚
3)日本語対応力
 
 これら3つのスキルが高いプロジェクトリーダーであれば、安心して仕事を任せられます。
 では、以下でこれらのひとつひとつについて、もう少し詳しく解説していきます。

■プロジェクト管理力

 プロジェクトリーダーたる者は、プロジェクト管理力がなければ話になりませんね。これは世界共通のことだと思います。

 出来れば、事実上の国際標準であるPMBOK等、プロジェクトマネジメントノウハウを保有していることが理想ですが、そうではなくても、基本的なプロジェクト管理スキルは持っていなくてはいけません。

 また、チームマネージメント能力(部下育成、指導の概念導入/強いチームワーク構築ノウハウ等)も重要です。
 私は、中国ソフトウェア企業様向けの人材育成の仕事を通じ、特に中国では、「部下育成、指導」の概念が不足しがちではないかと感じます。
 ちょっと極端かもしれませんが、こういった概念を一切持ち合わせていないリーダーもいます。これらは、日本では比較的常識ですが、中国ではあまり一般的ではないようです。

 ここで誤解のないように注記しますが、私は決して日本的なマネジメントが理想と考えてはいません。ここ中国では、いわゆる完全な日本式のマネジメントを強引に導入すると、ほぼ間違いなく、失敗してしまうと思います。

 ですから、特に日本に限ったことではありませんが、海外の良い部分は積極的に採用し、悪い部分は切り捨てるという考え方が理想だと思います。

 私は、「部下育成、指導」といった概念は、企業にとって、非常に良い概念ではないかと思います。この概念を新たに導入することにより、優れた企業文化作りにも繋がります。

 また、優れたチームワークを構築するノウハウも重要です。
 優れたチームワークを構築するには、強力なリーダーシップを発揮することはもちろんですが、メンバー全員の仕事に対する考え方(本物の仕事のやり方)を出来る限り、揃えることが重要です。

 「仕事に対する考え方」とは、例えば、あるトラブルが発生し、これに対し、どのように考え、どのように行動するか?ということです。メンバの考え方がバラバラだと、チームワークはうまく機能しません。

 チームメンバ全員の仕事に対する考え方が、ほぼ揃っていれば、とても強力なチームワークを構築できるはずです。リーダーは、メンバーの仕事に対する考え方を揃えるべく、日常業務の中でOJDを繰り返し行う必要があります。

 こういった意識、スキルを持っているリーダーが優れたリーダーではないかと思います。

 本号で一気に
2)日本的ビジネス感覚
3)日本語対応力
   についてもお話しようと思っていましたが、長くなってしまいそうです。

 すみません。続きは次回としますね!


 ワンクリック応援、宜しくお願いします!
 人気blogランキング(経営・マーケティング部 門)



 メルマガ『中国オフショア 開発最前線』はいかがですか?

下記からメールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

まぐまぐ

   



↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(2) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人材育成は優れた人事システム作りから!

セミナー風景 メルマガ「中国オフショア開発最前線 Vol.012」より

 昨日、セミナーの講師を勤めさせて頂きました。記録的な暑さにも係わらず、多くの方に参加して頂き、心より感謝致します。

 テーマは、「本物のブリッジSEを育成するには?」です。

 セミナーに参加された皆さんは、日々の業務で様々な課題や疑問に直面され、苦労されているのがひしひしと感じられました。皆さん、真剣ですから、当然、私も真剣です!

 人材育成というと、ついつい技術研修ばかりに目が行きがちですが、それのみならず、日本的ビジネス感覚や仕事の進め方、考え方等を身に付けるほうが対日ソフトウェア開発を行う上では、さらに重要だと思います(参加者の方からも同様のご意見を頂きました)。

 私は、人材育成の前に、まずは優秀な人材を惹きつけ、確保するためのしくみ作りが重要ではないかと思います。企業にとって、とても難しい問題ではありますが、ここから逃れることはできないと思います。

 その後、ブリッジSEに必須となるスキル(プロジェクトマネージメントノウハウ、日本的ビジネス感覚、日本語対応力)を身に付けるための計画的な研修カリキュラム、開発現場を想定した実践的な研修(ケーススタディー形式)が有効だと思います。

 皆さんもご経験があるかと思いますが、講義形式の研修は、どうしても受身になってしまって、面白みが半減してしまいます。やはり受講生自身が自発的に考え、積極的な意見を述べる雰囲気を作り、参加型の研修、実際の開発現場で遭遇し得るケーススタディー形式の研修が面白く、かつ効果が倍増すると思います。

 私は、今までの経験や見たこと、聞いたこと、考えたこと、感じたこと等々、すべてを集大成して精一杯、お話しました。少しでも皆様のビジネスにお役に立てれば幸いです。


   なお、プレゼン内容の構成や企画、セミナーの進行でお世話になったオフショア開発コンサルタントの幸地司さん、東方欣康カルチャーサロン代表者様、実際の企画、運営をしていただいた東方欣康カルチャーサロンの事務局の皆様、本当にどうも有難うございました。
 
 2次会も深夜まで盛り上がって、とても充実した1日でした。また、セミナーで出して頂いた軽食のパン(伊勢丹から調達とのこと)も美味!日本の味を懐かしく思い出してしまいました。どうも有難うございました!


 ワンクリック応援、宜しくお願いします!
 人気blogランキング(経営・マーケティング部門)



 メルマガ『中国オフショア開発最前線』はいかがですか?

下記からメールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

まぐまぐ

   



↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 12:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人材流出?それでも人材育成に投資します!

         メルマガ「中国オフショア開発最前線 Vol.011」より

 企業にとって、人材育成は重要課題のひとつです。

 ましてや、ソフトウェア開発においては、プロジェクトリーダーの資質で、そのプロジェクトの成否が決まると言っても過言ではありません。

 したがって、ソフトウェア企業は、「いかに優秀なリーダークラスの人材を多く育成できるか」が勝敗を決する大きな要因だと思います。

 今回は、企業にとって最も重要な財産である人材の育成について考えてみましょう!


続きを読む

↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国語学院との提携(日本語基礎研修)

 弊社では、日本企業様向けの中国オフショア開発サポートの他、中国企業様向けの人材育成サポートのサービスも行っています。

   最近、上海現地の企業様から日本語基礎研修の引き合いを頂く機会が増えてきました。各社さんとも日本語対応力のある人材育成に力を入れている証だと思います。

 今まで弊社は、日本語基礎研修に関しては、講師1名体制で対応していましたが、これを機会にもう少し本格的かつ、より充実したサービスを提供できるようにするため、地元の外国語学院との提携を模索していました。

 今日、上海のある外国語学院に出かけました。
 現地に到着すると数名の方々が満面の笑顔で出迎えてくれました!皆さん、ラフな服装で、隣近所にいそうな普通のおじさん、おばさんのように見えましたが、名刺交換してみるとびっくり!全員が上海の有名大学の教授であり、上海の教育協会の幹部だったり、外国語学院の校長先生だったりと、偉い方々ばかりでした。しかも日本の大学への留学経験もある方も多数!さすが一流の日本語教師が多いのだなと痛感してしまいました!

 本題の話(事業提携)は、たったの5分で終了。めでたく提携することができました。

 実は、私の共同経営者(上海人)は、この学院のトップの方と古いお付き合いがあり、とんとん拍子で話が決まりました。あとはほとんど昔の思い出話に終始していました。中国ビジネスでは、人脈が重要とよく言われますが、それを改めて認識した一瞬でした。

 帰りは、教授の皆さんに「ツェーウェイ」(上海語の”さようなら”です)と言って手を振り、挨拶しました!教授の皆さんは、私たちの姿が見えなくなるまで、見送ってくれました。なんと暖かい人たちでしょう!


 これで基本方針決定!あとは詳細を詰めるだけ!

 通常の日本語基礎研修にIT関連の教材等も含め、他の研修会社や日本語学校の研修とはひと味違うカリキュラムでサービスを開始したいと思います。


 ワンクリック応援、宜しくお願いします!
 人気blogランキング(経営・マーケティング部門)



 メルマガ『中国オフショア開発最前線』はいかがですか?

下記からメールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

まぐまぐ

   



↓FACEBOOKでニュースシェアしています。
もし宜しければ、いいね!宜しくお願いします!



posted by モフー at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。